タミフルの服用方法

大人と子供のインフルエンザ治療の違い

葛根湯は体温を高めることで、風邪の初期症状を改善させる薬で、症状が悪化する前に服用することで、発熱を抑えることができます。
また風邪だけでなく、筋肉痛や肩こりなどにも効果があるので、風邪による発熱以外にも投与されることが多い薬です。
医療機関で葛根湯を処方してもらうためには、医師に漢方薬の処方を望んでいることを申し出る必要があります。
葛根湯などの一般的な漢方薬に関しては保険が適用されるのでドラッグストアなどで購入するよりも安い価格で手に入れることができます。
タミフルはインフルエンザ治療薬で子供に投与すると副作用が出るという報告が相次いだことから大人に対して処方されることが多くなっています。
現在ではインフルエンザの治療薬は数種類が認可を受けているので、医師の裁量によってどの薬が投与されるのか決められています。
インフルエンザはワクチンを投与することである予防することができますが、新型の場合はワクチンが効かないのでタミフルなります。
大人の場合は免疫力が強いので症状が悪化する可能性は低いのですが、子供の場合は、髄膜炎などを起こしやすいので抗生物質などを同時に処方することもあります。
高熱が続いてしまうと細菌に対する免疫力が低下するので、合併症として重篤な症状が出やすいことから、タミフル以外の薬を同時に処方して対処するのが一般的になっています。
家族に高齢者がいる世帯では、子供が感染することで高齢者にも感染することが多いことから、医療機関によっては、予防的に処方をすることもありますが、感染する前に投与しても効果がほとんどないとされているので、高熱などの症状が出てから対症療法としてタミフルを用いる必要があります。

あわせて読みたい記事