タミフルの服用方法

タミフルを使用しても飲み物でうつることがあるか

インフルエンザに感染した場合、タミフルが処方されます。
タミフルはインフルエンザのウイルスを閉じ込め、増殖を抑えるため飲み始めると2日ほどで症状が軽くなっていきます。
インフルエンザの感染経路は飛沫、空気、接触によるものです。
飛沫に関してはくしゃみをすると数メートル先にいる人にもウイルスが飛んでいくことがあり、気が付かないうちに感染していることが多いです。
空気による感染もくしゃみをした人が近くにいなくても、空気中にはウイルスが漂っていることがあり、その空気を吸い込むと感染してしまいます。
ウイルスは乾燥した空気であれば、2日から3日は浮遊することができ、感染力が強いウイルスであるのであっという間に感染が拡大してしまいます。
タミフルはインフルエンザのウイルスの増殖を止めることはできますが、死滅させることはできません。
そのため飲み物を回し飲みしたりすると、相手にうつる可能性が大変高くなります。
インフルエンザは既往症がある人や高齢者、乳幼児は重症化しやすい特徴があり、肺炎や脳炎、中耳炎といったことを併発してしまうので、他の人にうつさないようにすることが大切になります。
感染者が飲んだ飲み物にはウイルスが含まれていることがあるので、決して飲まないようにしましょう。
コップの共有もやめるようにします。
インフルエンザは感染すると、高熱や倦怠感、悪寒、関節痛がひどいため、自分で身の回りの事ができなくなります。
家族や友人に頼ることもありますが、この場合、二次感染を防ぎ、インフルエンザにうつることがないよう、配慮が必要になります。
トイレに行く際にもマスクを着用する、鼻をかんだティッシュは蓋つきのごみ箱にすてるなど心がけるようにします。

あわせて読みたい記事