タミフルの服用方法

タミフルの料金に関して

タミフルはインフルエンザの予防にも使われているものです。
ただ、あまりにも小さいお子さんへの投与の場合には、医師の先生が判断を行いまた過去に何かのアレルギーや無意識状態になったことがあったかどうかなどを親御さんから聞くことによって、患者さんにタミフルを処方するかどうかを診断されます。

タミフルは受験生などや、どうしても試験に合格しなければならない社会人の方々にも、希望され投与されるケースがあります。
インフルエンザの恐ろしいところは、人混みに行くとかなりの確率で感染をしてしまうということです。
そして、飛沫感染が凄まじいものでありますから、人混みに行きたくなくても、どうしても用事があり、満員電車に乗らなければならない人や学校など、または会社などに行くなど嫌でも人混みの中で、飛沫感染にかかってしまう人は大勢います。
そのようなことから、万が一のためにインフルエンザにならないように、とても大切な試験の前などやどうしても外せない会議などや用事などの時のために、タミフルを使って予防を行っておくという場合が多々あります。
お金と電卓そのようなケースの場合、タミフルを使った薬の投与で、おおよそかかる金額、料金は1万円前後とされています。
これは、料金としては少し高めに感じるかもしれませんが、万が一にインフルエンザにかかってしまった場合には、会社などに迷惑がかかるだけでなく、さらに、大切な試験などにも関わってくるため、どうしてもインフルエンザにかかりたくない、という場合には、妥当な料金かもしれません。
ただ、このようなタミフルを予防の薬として処方してくれるかどうか、については、お医者さんの診断などもあるため、必ずしもタミフルで予防が出来る、ということはありません。

あわせて読みたい記事